会社情報

>

会社概要

商号

株式会社MOZU

東京本社所在地

〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-17-7 西新宿TOKビル

資本金

2,000万円

電話番号

03-5755-3150

FAX番号

03-5755-3151

お客様専用窓口

遠赤王など:0120-030-414(おうさまよいよ)

安心王専用:0120-365-132(365日、いつでもみんなに安心を)

役員

代表取締役 菱田 進治

事業内容

炭素繊維を使用した遠赤外線面状輻射体の製造・販売及び輸出入
遠赤外線面状輻射体を使用した遠赤外線発生機器の製造・販売及び輸出入
医療用機器の製造・販売及び輸出入
遠赤外線面状輻射体を使用した暖房設備等の企画、開発、設計及び施工
太陽光発電システムおよびその設備の製造、販売
建築工業、電気工業、建物リフォーム
健康機器、美容機器、健康食品及び化粧品の製造・販売及び輸出入
電場処理加熱加工調理器の製造・販売及び輸出入
前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

取引銀行

三井住友銀行 新宿支店
みずほ銀行 新宿南口支店
さわやか信用金庫 新宿パークタワー支店

取引金融機関

株式会社明成商会
長府工産株式会社
株式会社木下工務店リフォーム
株式会社千幸
その他多数

第二種医療機器製造販売業許可番号

東京都許可 13B2X10269


 

 

 

沿革

1995年

・「Imcon設計」を創業。遠赤外線面状輻射体の研究開始

1996年

・遠赤外線面状輻射体の研究・開発施設として、CEBUに「Imcon World Corporation設立」
・遠赤外線輻射体および遠赤外線輻射方法の特許出願
・特許登録(特許番号:3181506)

2001年

・遠赤外線面状輻射体を使用した遠赤外線製品の開発、販売を開始
・遠赤外線面状輻射体を各分野(栽培、融雪、建設、健康産業等)へ導入開始

2008年

・株式会社IWCを設立し、遠赤外線面状輻射体を住宅設備へ導入開始

2009年

・遠赤外線面状輻射体を医療分野への活用へ向け研究開始

2010年

・遠赤外線面状輻射体を使用した一般家庭向け製品「遠赤王」シリーズをリリース

2014年

・遠赤王事業部が独立し、「遠赤王」シリーズの製造・販売メーカーとして、株式会社MOZUを設立
・遠赤王製品を医療機器認定に向け準備開始

2017年

・遠赤王「遠赤外線温熱治療ドーム レインボー」が管理医療機器認証を取得(認証番号:229AGBZX00004000、一般的名称:家庭用赤外線治療器)

 

 

代表メッセージ

『1枚の絵画のような世界!』

私達は今、時代の大きな転換期に生きているのかもしれません。

これまでの資本主義的な考え方、市場原理主義的な考え方から、新たな方向へ変わって行こうとする動きが出てくるでしょう。
力を持っている者が強い、売れているから正しい…というようなこれまでの利己的な方向性から、共存共栄を目指し、協調的で調和的、そして利他愛的な方向性へと世の中はシフトチェンジしてゆくでしょう。

例えば、全体的な大きな視野で、世界を描いた絵画があったとします。

この絵画が調和的で美しく、豊かな色彩と素晴らしいコントラストで描かれる為には、赤は情熱的に紅く、青は叙情的にクールに、黄色は楽しくワクワクするような鮮やかな色が必要となります。

つまり、全体的な美しい『調和』とは、それぞれの個性がそれぞれに際立って、適材適所に活かされてこそなのだと私達は考えております。

全ての人々が健康で、笑顔いっぱいに過ごせる社会では、あらゆる個性が萌芽することでしょう。
そしてその素晴らしい個性は、お互いに受け入れ合い、協調していくことで大きな調和が生まれるのです。

若者とご年配。
田舎と都会。
アジアと欧米。

そして、人類と地球…

全ての個性は元気に楽しく表現するべきなのです!

私達MOZUは、“MOっと” 楽しい未来を、“ZUっと” 探究し続けます。

代表取締役菱田進治
代表取締役菱田進治

会社地図

東京本社所在地

東京都新宿区西新宿3-17-7 西新宿TOKビル(受付:10F)

京王新線初台駅東口(オペラシティ口)より徒歩3分
JR新宿駅・小田急線参宮橋駅・大江戸線都庁前駅より徒歩12分
※目印となる最寄の建物 : 東京オペラシティ/NTT東日本本社ビル

 

株式会社MOZU本社地図